パチスロ攻略EYES

初心者でもわかるパチスロ攻略情報

パチスロ初心者の為の台選びの極意

   

まずは機種選びの方法

初心者の機種選びとしては、分かりやすい台が良いでしょう。
ボーナスを引くと、告知ランプの点灯などで当たりを即座に教えてくれるタイプの機種が複数あります。
代表的なのはジャグラーでしょう。
こういった大当たりが分かりやすく、難しい目押しが必要ない機種がオススメです。

コンビなどに売っている雑誌を見れば色々な機種の確率や情報が載っているので参考にしましょう。
もしくは当サイトで確認して下さい。

逆にART機などは複雑なものが多いので、ARTが期待できるチャンス状態のままやめてしまう危険性があります。
初めての初心者にはあまりオススメできません。

ですが、ずっとART機能が付いてない台だけではつまらないという人も多いでしょう。
そんな人はパチスロ自体に慣れてきたら徐々にART機にも挑戦していきましょう。
こうして打てる機種の数を増やしていくのです。

打てる機種の数を増やす

打てる機種の数とは、機種の知識がどれだけあるかという事になります。
例えば、夕方、パチスロ店に立ち寄ったら高設定らしき台が空いていた。
こんな時にその機種の知識がなくてはお話になりません。

機械割がどの位か、小役の狙い方はどう打つのか、設定間の格差があるのはどの部分か等を知らなければなりません。

コンビニに行って雑誌を読んだり、携帯で調べても良いが、パッと見てもよくわからないような複雑な機種も多いです。
いつでもいろんな機種が打てるように、最低限の知識は持っておきたい所です。

台選び

次に、同じ機種の中から1つの台を選ばなければいけません。
店では同じ機種を数台並べて置いているのがほとんどで、この数台の中から1台を選ぶことになります。

この時、打ちたい機種の高設定と同じ位の確率で当たっている台が良いです。
例えば、その機種の設定6のビッグボーナス確率が200分の1であれば、それに近い確率で当たっている台を選びましょう。
その台の総回転数が多ければ多いほど、その数値の信頼度は高くなります。
1000回転で5回よりも、3000回転で15回の台の方が高設定の可能性が高くなります。

これを、ビッグボーナス、レギュラーボーナス、さらにその両方を合わせた合成確率と3つの点から判断し、最も高設定の可能性が高い台を選びましょう。

ここまではART機能の付いていない機種の話で、ART機能が付いている場合、ボーナスよりもARTの状態から推測しなければいけなくなるので難易度は高くなります。
基本的にはART回数の多い台が良いです。
ただ、ARTには連チャン性があるので判断が難しくなります。
初当たりの回数が多い台が良いのですが、自分が打っている台でなければ外からはわかりません。
遊戯中に周りの台がどうなっているのかも観察しながら打つのが良いでしょう。

また、台を選ぶ時には、必ずその台を打つ理由を探しましょう。
設定が高そうなら、なぜ設定が高いと予想できるのか?
など打つ根拠がある台を打つように心がける必要があります。
自分の恋人や仲の良い友達に台を探してあげるつもりで台を選ぶのも良いでしょう。
打てる根拠を説明できないのなら、その台は打つべきではありません。
勝ってる人ほどこの打てる根拠の部分がシビアになります。

ART機やAT機の場合、ゲーム数で当たりが管理されているものもあります。

「ボーナス終了後1~100ゲームの間は15%の当選率」などのように当たりやすいゾーンと当たりにくいゾーンがある機種もあります。

「押忍!番長シリーズ」が代表的ですが、こういった機種は知識が1番重要になるのでしっかりと覚えておく必要があります。

まとめ

台選びは知識が最重要です。
打ちたい機種の知識がなければ選びようがありません。

雑誌やウェブサイトなどでその機種の知識は簡単に得ることができるので、自分の好きな機種だけでもこまめにチェックしておきましょう。

 - 初心者攻略情報