パチスロ攻略EYES

初心者でもわかるパチスロ攻略情報

パチスロ初心者が抑えるべき攻略ポイントまとめ

   

何をするにもそうかもしれませんが、初心者の頃は何から始めていいのかわからないものです。
そんなあなたにどういった立ち回りや知識を身につけていけばよいかまとめました。
それがこちらです。

まずは心構えから

はじめに、パチスロを打つ際の心構えを初心者の方には伝えたいと思います。
パチスロで勝つ為には、設定の高い台を打つのが一番の近道です。
機会割が100%を超える台を打ち続ければ、一日単位では負ける事があっても、長い目で見れば結果はついてきます。
常に設定を意識して打つようにしましょう。

 パチスロ初心者の方や未経験の方は良く「現在のパチスロは意味がわからない」「当たりを捨てそうで怖い」などと言います。
確かに最近の機種は複雑で、ボーナス以外にARTのしくみを抑えておかないと大きなチャンスを逃し、次に座った人に取られてしまう事も有ります。
しかし、パチスロを始める前に正しい知識を身につけておけばみすみすチャンスを逃すことも無くなります。
 現在のパチスロでは昔のように正確無比な目押しは必要なく、知識が全てと言っても良いほどです。
知識というのはそれぞれの機種の解析情報と立ち回りについてです。
このパチスロ初心者コーナーでは主に立ち回りについて書いています。

 パチスロは打ち方1つ、店や機種、台の選び方1つで勝率がガラッと変わります。
店内の状況や自分が打っている台の状況など細かく観察し、実行することで勝率は上がっていくでしょう。

怪しい攻略法になどはまらず、正攻法でもプラス収支に持っていくことはそれほど難しいことではありません。

年々パチスロを取り巻く状況は厳しくなり、段々と勝ちにくくなってはきてますが基本さえ押さえ実行することによって収支は安定するでしょう。

周りの状況観察

自分の台に夢中になって周囲の状況を観察する事を忘れてはいけません。
自分の台が設定6である、という確信があるのなら別だが、そうでない場合は必ず周りの台の状況にも気を配りましょう。

できれば、自分が打っている機種だけでなく、店内の様々な機種の状況を見て回る事も大事です。

以外なお宝台が見つかるかもしれません。
こうして設定の良さそうな台のめぼしをつけておけば、自分の台がダメだった時に、その台が空いたらすぐに移動できます。

また、どこの台に高設定が入っていそうか、どの位高設定がありそうか、というのをチェックしておく事でその店の設定状況や、クセなどを推測する手がかりとなります。

ある程度パチスロに慣れ初心者を卒業する頃になったら、細かい周囲の状況観察をできるようにしていき、周りの台の設定を推測できるようなチェックの仕方をしましょう。

例えば、設定変更が判断できるような機種なら、どの台が変更されていた可能性が高いか。

設定間の格差のある部分が多い機種ならその部分のチェックなどですね。
など、なるべく周囲の状況を細かくチェックし、自分の台がダメだった時の移動候補を見つけておくようにしましょう。

収支管理

その日の勝ち負けを記録しておく習慣をつけましょう。
この記録を残しておくことで、自分が1ヶ月でどの位勝っているか、負けているかがひと目でわかるようになります。

この収支を1ヶ月単位、1年単位でプラスにしていく事を目指そしましょう。
記録を付けていないと勝っているつもりになりやすく、勝ち組はほとんどの人が自分の収支を把握してると思って良いでしょう。

期待値について

パチスロでいうところの期待値とは、自分が打った場合の実際の機械割のことです。
例えば、小役を取りこぼせば、その分メーカーが発表する機械割よりも低くなります。

パチスロで特殊な攻略法を使ったりする以外、立ち回りだけで勝とうとするなら、常にこの期待値を意識しながら打つことになります。
高設定を狙うのも、小役を取りこぼさないようにするのも、ボーナスの察知を早めようとするのも、全てプラスの期待値を積み重ねるためです。

例えば、機会割106%の台をあなたが打った場合、技術力を考慮したら105%になるとします。

この台を1日7000ゲーム打った場合、台に入れる枚数は7000ゲーム掛ける3枚で21000枚です。

払い出される枚数は、あなたが打つ実際の機械割が105%なので、21000掛ける1.05で22050枚となります。

そうすると、1日のプラスは22050引く21000で1050枚になります。
等価交換なら21000円の勝ちとなり、これを月20日続ければ42万の勝ちとなるわけです。

もちろんもっと設定の低い台を打ったり、目押しの調子が悪かったりなどすればこのプラスは減っていきます。

一日単位では、これ以上に勝ったり、あるいは負けたりすることもあるが、稼働時間を増やせば増やすほどあなたの実際の割り数に近づいていくのです。

ART機などで天井近くの台を狙ったり、チャンスゾーンを抜けていない台を狙ったりするのは、設定1でもこの部分だけを狙い打てば、実際の割り数はプラスとなるからです。

まとめ

パチスロは機種の知識と立ち回りさえしっかりすれば収支はおのずとついてきます。

台選びや店選びの方法は長くなるので別記事にてまとめましたのでそちらも参考にしてください。

 - 初心者攻略情報